Yoshiki Classical

One of Asia’s music superstars, Yoshiki is what you’d call a Renaissance man. After finding mainstream fame in the 80s, as drummer and principal composer for the Heavy Metal band X Japan, he has embarked on an eclectic solo career, collaborated with Beatles producer George Martin and Queen drummer Roger Taylor, composed a musical theme for the Emperor of Japan, as well as a theme song for the Golden Globes. He is a producer and recording studio owner and has even branded a line of California wines! Recently Yoshiki has expanded his musical interest into symphonic rock and classical music with his Yoshiki Classical project which he is now about to take on a world tour to cities in 10 countries on three continents. The HFPA visited him at Sony Studios where he was rehearsing the finishing touches for the show. We sat down with him for a roundtable interview and an exclusive performance! Check out the video here.

「X-JAPAN」 のリーダーYOSHIKI が4月25日からスタートする“YOSHIKI CLASSICAL WORLD TOUR” のリハーサル会場にゴールデン・グロ―ブ賞で知られているHollywood Foreign Press Association のメンバーを呼んでくれた。
2年前にゴールデン・グローブ賞のテーマ曲をYOSHIKIが作曲してくれた事もあって 彼はこの協会の特別会員と言うような感じ。ツアー準備の超多忙時にインタビューにも快く応じてくれた。リハーサル会場のソニー・ピクチャーズのサウンドステージ12には これから始まるツアーの舞台そのもののステージが設置されていて YOSHIKIが使う黒いグランド ピアノが照明の光の中でオーラを発していた。
リハーサル用ステージに現れたYOSHIKIは集まった記者たちの為に ツアーの中で演奏される曲を6人のストリング奏者と共に演奏してくれた。 “Forever Love” そしてゴールデン・グローブ賞テーマミュージック….
その後のインタビューで話した彼の言葉を借りると クラシカル・ピアノは “僕のソフトなサイドを表現してる” と言う。クラシカルなピアノアレンジは美しく 愛が溢れるサウンドとなっている。まさに流れるようなピアノ演奏が大きなソニースタジオのサウンドステージを満たしていた。ツアーの準備は完了?と言う質問に “almost ready”と静かに答えていたYOSHIKI。

JUST IN

MUSIC

JAPANESE

ENGLISH